職場における「恩に報いる」を科学する。

社会的交換理論についてのポストの第2弾です。今回は、交換をいくつかのパターンに分けて分析することで、さらに議論を掘り下げていこうと思います。

前回の投稿では、上司と部下、組織と従業員の関係を交換として捉えることができる、ということをご紹介しました。簡単にまとめると、上司から面倒を見てもらっている、と感じている部下は上司のために頑張るし、組織が自分を支援してくれている、と感じている従業員は組織のために貢献しようとする、ということです。同じような関係は、同僚同士、また、顧客と営業の間などでも見られます。

前回の投稿はこちら: 世の中は交換で回っている。

 


交換に当たって、交渉するか、しないか。


 

実は、「社会的交換」には、いくつかのタイプがあります。それらのタイプを分ける基準の一つが「交換に当たって、交渉するか、しないか」です。

お店などで私たちがものを買うときは、ペットボトルの水1本なら120円、ハムサンドイッチは250円、みたいな風に、購入するものに対して価格が明確に決まっています。市場などで多少価格交渉の余地があるとしても、「何を受け取ることに対して何を支払うのか」は実際にお金を支払う前に双方が合意して、その上でお金の支払い、商品の受け渡しが行われるのが普通です。このように、「経済的交換」においては、互いに何を交換するのか、を事前に交渉で決める点に特徴があります。

こうした交渉を通じた交換は、職場にも存在します。

先輩:「ちょっと今日、残業に付き合ってくれない?こんど一杯おごるからさ」
後輩:「わかりました。その代わり、いつものXXXじゃなくて、YYYYにしましょうよ」
先輩:「YYYYかー、いい店だけど高いんだよねー。まあ、しょうがないか。了解。」
後輩:「やった!じゃ、いいですよ。何から手をつけますか?」

と言うのは少々牧歌的な職場の会話ですが、解りやすい交渉型の交換の例です。職場での同僚同士、上司部下の間で、ちょっとした交渉は日常的に発生します。

同僚同士の例としては、休みの調整が挙げられます。有休を取っている間の仕事のフォローを同僚にお願いする代わりに、同僚が有休を取る際には自分がフォローをすることを確約する、といったことです。あるいは、長期休暇をフレキシブルに取れる会社では、誰がいつ休むか、についてチームの中で交渉が行われる、といった話を聞いたことがあります。「この夏は自分が譲る代わりに、年末年始の休暇は自分を優先してほしい」といった会話が生じ、合意が行われる、という意味では、交渉型の交換、と言えるでしょう。

また、部門間の壁が高く、よその部門の情報があまり流れてこないような組織であれば、部門の違う同僚同士で、「自分が持っている部門の機密情報を提供する代わりに、相手から、相手部門の機密情報を聞き出す」みたいなことも行なわれているかもしれません。

上司と部下の間であれば、目標管理で「何を達成すればこういう評価にする」というふうに握るのも、交渉のうえで明示的に合意する、という点で、交渉型交換だと言えますね。私はリクルート時代に、イギリスで修士過程に進学しようとして、当時の事業部長に「国際人事について専門的に勉強したいんですよ。会社負担で1年留学ってできないですかね。戻ってきたら、グローバル人事の新規領域開拓を頑張ります」みたいな交渉をしたことがあります。制度上、会社負担での留学の制度は廃止されていたため、残念ながら交渉は成立しませんでしたが・・・。

このように、交渉型の交換においては、何に対して何を交換するのか、について双方が合意する、ということが行われます。もちろん、実際の交換自体には時間差が生じる(例えば、最初の例でいえば、今日、残業に付き合うものの、おごってもらうのは数日後ですね)こともあるわけですが、合意自体はその場で行われる、というのが特徴です。

それに対して、前回ご紹介したような交換の場合、一方が「何かを相手に対してしてあげる」時点で、相手から「何を見返りにしてもらうのか」が決まっていません。しかも、「いつ」見返りが行われるのか、も決まっていません。そうした交渉なしに、一方的にGiveが行われる点が特徴的です。Giveする側からすれば、いつ帰ってくるか、どう帰ってくるかはわからない、という点に特徴があるわけです。

例えば、「上司が部下の面倒を見る → 部下が上司のために頑張る」という例について考えると、上司が面倒を見る時点で、部下から何が、いつ帰ってくるかはわかりません。それでも、上司が一方的に部下の面倒を見る、それに部下が恩を感じる、そして今度は部下が一方的に上司のために頑張る、ということが生じるのが、社会的交換の面白いところです。

交渉ありの交換を「交渉型交換」、交渉なしの交換を「報恩型交換」とここからは呼ぶことにします(学問的には、前者をnegotiated exchange、後者をreciprocal exchangeと呼びます)。

 


「報恩型交換」の特徴


 

このように「事前の交渉がない」ことは、報恩型の交換に参加する双方の心理や行動に様々な影響を与えることがわかっています。

①まず、Giveする側は、「相手に良かれと思ってGiveする」ことになります。相手が何を求めているのかは、交渉が行われていませんから(厳密に言うと)わかりませんし、それを相手がどれくらい「ありがたい」と思ってくれるかもわかりません。

ですから、報恩型交換の場合、交換に関わる2人が、相手の利害や置かれた状況を理解したり感じていないと、交換が成立しません。相手の気持ちが読めない2人が組み合わさると、お互いが「良かれと思って」やっているのに好意がすれちがう、そして結果としてお互いに「なんだこいつ」と感じる、みたいな風なことも起こり得る、ということです。

一方で、報恩型交換は非常に自由度が高いです。「今、何かに困っている訳では無いし、相手に何かして欲しい訳でも無い」状況でも、相手に良くしておけば、もしかしたら自分が何か困った時には相手が手を差し伸べてくれるかもしれない訳です。明確に利害をすり合わせる必要がありませんから、フレキシブルな協働が可能になります。

その意味で、報恩型の交換を好まず、交渉型の交換を志向する人ばかりの組織は、非常にギスギスしてしまいますし、あまり機能的ではありません(交換に関する個人の志向については、いずれ詳しく議論したいと思います)。

②次に、受け取った側は、「自分が求めたわけではないのに」相手が何かをしてくれた訳ですから、相手に対する好印象を持ちやすくなります。交渉型交換の場合、相手が何かしてくれてもそれは合意の結果ですから、「当たり前」ですよね。報恩型交換では、相手の行動は、「予期せぬこと」になり得ます。小さなことでも予期せぬ(自分にとってはありがたい)行動を相手が繰り返してとったり、また、仮に単発の出来事でも非常に印象的な行動だった場合、相手に対する好意や信頼が高まります。

例えば、「新しい職場に配属されてまだ居心地がイマイチ良くない状況で、最初にランチに誘ってくれた先輩」や、「勝負プレゼンの場で自分が詰まった時に、さらっと横からナイスフォローをしてくれたうえで、プレゼン後には『よくやった、お前の手柄だ』と褒めてくれた上司」みたいな人のことは、いつまでも「お世話になった」と覚えているものですよね。

③そして、報恩型交換で、最初にGiveする側にはリスクが伴います。困っている同僚を助けても、相手は自分に何もしてくれないかもしれない。部下のために良かれと思って機会を与えたり、こまめに指導をしても、相手は何も感じていないかもしれない。そう考えると、社会的交換を行う、というのは、大げさに言えば、「いつ、どんな風にリターンがあるのかわからない行為に自らを投じる」ということになります。

そのため、あまりよくわからない、誰ともしれない人同士の間では、「報恩型の交換」は起こりにくいのです。もちろん、個人差はあります。が、総じて言えば、「見返りが帰ってくるかどうかもよくわからない」のに、「相手のために自分の時間を割いてやる」のは、気が進まない、というのが一般的な真理だ、と言えるでしょう。

 


「報恩型の交換」は時間とともに育つ


 

こうした特徴があるため、報恩型の交換は、やり取りを通じて徐々に育つものだ、というふうに考えられています。

上司と部下の関係を例にとりましょう。

上司も部下も、最初に配属された時には相手がどんな人かはわかりません。ですから、相手が何を求めているのか、相手が何をすると嬉しい人なのか、については手探りになります。また、そもそも、自分が何かをしてあげたら何かを返してくれる人材なのか、ということも未知数です。

この状況で有効なアプローチは、「小出しにして相手の反応を見極める」です。

上司からすれば、いろいろとメンバーの反応を見つつ、メンバーにとって良さそうな行動を取ってみる。逆に、メンバーからも上司が喜ぶ、あるいは彼・彼女とは仕事がしやすいと感じるであろう行動を取ってみる。その上で、それに対して相手がどう反応するか、自分が行った行動に相手は反応してくれるか、を見極める訳です。

そして、お互いの「良かれと思って」が上手くかみ合えば、上述の通り相互の好意や信頼が生まれます。

相手のことを信頼していれば、リスクをとることができますから、相手のためにさらに一歩踏み込んで何かをすることが可能になるのです。例えば、上司であれば思い切って重要な仕事を部下に任せてみる、とか、部下であれば、上司から求められていなくてもチームのために必要だ、と感じる施策を考えて、上司に提案してみる、といった行動です。こうした行動にはいずれもリスクがあるため、相手が応えてくれる、という信頼がなければこういう行動は取りにくいのです。

これらの一歩踏み込んだ行動に答えてくれた相手には、さらなる信頼が生まれます。こうして、信頼が育ち、相互にコミットし合う関係性が発展していきます。逆に、そうなれば、信頼を生かして普段なら頼めないような無理を頼む、といったこともできるようになっていきます。

私がコンサルタントとして、あるいは会社勤めをして働く中で見聞きしてきた経験から考えると、どうやら世の中には、こうした一連のプロセスを意識して行う人もいれば、ほとんど意識していない人もいるようです。個人的には「やりすぎ」はどうかと思いますが、相手への信頼を勝ち取るために、自分から積極的にGiveをする、その上でTakeを求める、というアプローチの方が、仕事やキャリア上、成功しやすいのでは無いかな、と思っています。

「自分が相手にとってどう役に立っているか」「相手にとって、自分は嬉しい存在なのか」を考えずに、「相手が何も自分のためにしてくれない」と考えるのはあまり生産的では無い、ということですね。逆に、「良かれと思って」何かをしても、それに応えてくれない相手のために労力を投じるのは無駄かもしれない、ということでもあります。

そして、関係性を育むには、自分から投資するのが大事だ、ということでもあります。

次回は、「報恩型の交換」がなぜ交渉なしでも成り立つのか、私たちが「恩」を感じて、返さなければ、と思うのは何故なのか、について、さらに掘り下げます。

 

<続きはこちらから>

第3回:「交換」に関する考え方は世界共通?

広告

世の中は交換で回っている。

私の専門は組織論、人材マネジメント論、国際経営論なわけですが、その中でも博士論文の研究は組織論の領域でやっています。

組織論というのは、正確に言うと組織行動論、英語で書くとOrganisational Behaviourでして、主に個人やチームの組織内における振る舞いについて研究する領域です。

その中でも私が特に研究しているテーマは、ざっくり言うと「なぜ組織において人は他の人を助けるのか」ということです。特に、「これまで関わったことのない、あまり良く知らない相手であっても助ける」という行為がなぜ、どういう条件があれば生じるのか、ということについて研究をしています。

で、この問いについて、「社会的交換理論 (social exchange theory)」という考え方を使ってアプローチをしてます。これは、組織論のみならず、経営学の中で非常に広く使われている理論の枠組みでして、単純に言うと、「人と人との関わりを、資源の交換、というふうに捉えて分析をする」というものです。これは実にパワフルな枠組みでして、個人と個人の間、あるいは個人と組織の間で起きる、幅広い事象がこの理論で説明できます。

と、いうわけで、この「交換」という枠組みについて、何回かブログを書いていこうと思います。そのうち、私の研究の中身についてもご紹介すると思います。

 


世の中は「交換」で回っている


 

さて、いきなり交換と言われてもわけがわかりませんから、いくつか例を挙げます。まずは、上司と部下の関係で考えてみましょう。基本になるのは、上司が面倒を見てくれたら、部下は上司のために頑張ろうと思う、という関係です。

上司が部下のためにできることは様々にあります。例えば、信頼し、期待をかける、チャレンジングな課題を設定する、部下の志向を踏まえて業務をアサインする、部下が業務に行き詰まったら手を差し伸べる、あえて厳しく向き合うことで壁を乗り越えるように促す、明確に方針を示す、部下が自分の考えを述べる機会を作る、などです。

過去の研究からは、

「上司は自分のことを理解してくれていて、自分に必要な機会を与えてくれる。また、必要な場面では助けてくれる」

と感じている部下は、総じて、上司のために一肌脱ごうとする、ということがわかっています。担当業務のパフォーマンスが上がるだけでなく、職場の仲間に情報共有をしたり、仲間が困っていたら助けるなど、上司が責任を持っているチームに貢献する行動をとるようになるのです。この傾向は様々な国で見つかっており、ほぼ世界共通ではないか、と考えられています。

同様の傾向は、組織と個人の間でも見られます。

「自分の組織は、自分が力を発揮できるよう、様々な支援を提供してくれている。また、組織は、必要に応じて自分のことを助けてくれる。」

と思っている人は、組織へのコミットメントが高く、離職意向が低い傾向があります。また、担当業務のパフォーマンスが高いだけでなく、組織のために自分の仕事の範囲を超えて一歩踏み出した行動をとる、ということが知られています。例えば、「組織の社会からの評判に影響を与えそうな問題があったらそれを指摘する」とか、「組織について否定的な発言をする人を諌める」などですね。

興味深いのは、「上司との関係性」は上司に対する行動や、チームでのパフォーマンスに影響する。つまり、上司にメリットがある行動につながる。それに対して、「組織との関係性」は、組織のための貢献や、組織に居続けようという意図につながる(=離職意向が下がる)。つまり、組織にメリットがある行動につながる、ということです。つまり、人間は「上司」「組織」というふうに相手を識別して、それぞれから受け取った恩に対して、相手にとってメリットがある行動をとることで報いる、という傾向がある、ということです。

こうした関係は同僚どうしの間や、営業と顧客との間でもよく見られることですよね。

日常的に、周囲にとって役立つ情報を共有していたり、周りが困っていたら手を差し伸べている人は、同僚から信頼され、いざとなった時には、周りから助けが得られたりします。

また、営業と顧客の間の関係で考えると、顧客からの問いあわせに、いつも期待以上の答えを迅速に返している営業や、顧客から言われたままの提案をするのではなく、顧客企業の状況を考えて、一歩先を行く提案を考えるようにしている営業は、得てして顧客から支持され、結果的に大きなビジネスの機会を得やすくなったりします。

このように、世の中のさまざまな人と人、人と組織のつながりは、「交換」という枠組みで捉えると、非常によく説明がつくのです。

ここで重要な点は、交換しているのは必ずしも、経済的に価値のあるモノに限らない、ということです。何らかの具体的な行動だけでなく、態度や姿勢、配慮、敬意といったものも交換の対象になります。「人と人との社会的なつながりの中で価値がある」モノやコトが、幅ひろく交換の対象になるのです。そのため、この理論は「社会的交換理論」と呼ばれています。

もちろん、組織の例をあげましたが、交換が成り立つのは組織内の関係に限りません。「情けは人のためならず」というのは、まさにこうした交換が社会に根付いていることを示していますし、日本以外でも例えば新約聖書には「与えよ、さすれば与えられん」という一節があったりします。

次回は、そもそもなぜこうした交換が世の中で続いていくのか?ということについてご紹介します。

 

<続きはこちらから>

第2回:職場における「恩に報いる」を科学する。

第3回:「交換」に関する考え方は世界共通?

トランプ政権の減税案を国際ビジネスの観点で考えると、実はすごいのでは。

トランプ政権からかなり大胆な減税策が出ましたね。

米大統領は「レパトリ税」10%提案へ、パススルー減税も-当局者

Newspicksでもそれなりにコメントが盛り上がってます。173pickですからそこそこ注目を集めたニュースと言っていいかと思います。

もちろん、詳細がどうなるか、これが議会を通過するか、については未知数なわけで、現状で実際にどうなるか、確たることはなかなか言えません。ただ、これがなんなのか、ということを考えておくことは重要です。Newspicksのコメントでも書いたんですが、これは国際ビジネスの観点から意味を捉えると、かなりのインパクトがある政策であるように思われるのです。単に企業の税負担が減る、と言う話ではないのです。

国際経営のファイナンス面は僕は専門ではありませんが、僕の目から見て考えられることをこの機会にまとめておこうと思います。

端的に言えば、アメリカのグローバル企業(と、アメリカに金融面での統括拠点を持つ企業)にとっては経営上の自由度が大幅に上がる、と言うことだと考えられます。

いろいろ興味深い内容があるのですが、特に興味深いのはリパトリエーション税(他国で企業が上げた利益をアメリカに持ち込む際にかかる税金)の大幅減税(35%→10%)です。

多国籍企業の経営者の視点から見て、これが何を意味するのかというと、利益をグローバルに再投資しやすくなる、ということです。海外拠点で上がった利益をアメリカに持っていく際にとられる税金が大幅に減ることで、これまでだったら課税を避けるために海外拠点に留保していた利益を本社に移して、他の拠点に再投資したり、本社での活動に投資したりできるわけです。いわゆる、事業ポートフォリオ管理の観点から考えると、機動的に、アメリカをハブにして現在利益が上がっている拠点からこれから投資が必要な拠点に資源を移転できるのは、国際経営上、明らかにメリットがあると思われます。

Newspicksのコメントでは10%も取られるんだったら借金したほうが安いという話がありましたが、資金を有効に使っているか、と言う点で株主の厳しい評価を受けるアメリカの経営者はそういう発想はしにくいのではないでしょうか。手元現金を余らせていると、あっという間に自社株買いで株主に還元しろ、と言うプレッシャーが上がってくる環境のようですし。

さらに、財政という観点で見ると、世界各国で上がった利益をアメリカをハブにして他国に再投資する、という動きが増えれば、アメリカは自国内で創出されたのではない利益が自国を通り抜けることに対して課税できることになるわけで、税率は下がっても、実質的に税収はそれほど減らないかもしれないですね。

これを、大幅に税率を下げる→税収が減る、と言うふうに考えるのは短絡過ぎます。

これまではアメリカをハブに使ってこなかった他国の多国籍企業もアメリカをハブにするかもしれないわけで。お金の流れ自体が変わりうることまで想定して評価する必要がある、それくらいのインパクトのある政策ではないかと思います。

また、記事にもある通りアメリカに動かした利益の一部は、アメリカ国内での研究開発投資とかにも使われるでしょう。結果、グローバルの財務を統括するためだったり、研究開発のための知識労働者の雇用にもプラスの影響があるかもしれないですね。

と、いうことで、グローバル化した企業活動を念頭に考えればとても賢い税制のように見えます。

逆に、他の国の観点からいえば、アメリカに本社(や統括拠点)をおく企業が利益を持ち出してしまう(ことで、自国の税収が減る)わけで、それを防ぐために、他の国も税制を変えるプレッシャーにさらされることになるかもしれませんね。

また、これまで金融のハブとして得をしてきた国も動かざるをえないでしょう。実際、シンガポールを拠点に国際経営のアドバイザリーをやっている友人によると、シンガポールは間違いなく対抗して動くでしょう、とのことですので、当面、国際的な資金の流れをめぐる税制は要注目、になりそうです。

テクノロジーと教育の未来

先日から気になっていた、日本でのエドテック(Education + Tech)の取り組みの事例を友人がFacebookで共有していたので見たのですが。
これマジで面白いです。今の学生が羨ましい。
要するに、集合教育で教えても結局は個人ごとに引っかかるポイントは違い、そこを解決しないと学びにならないわけで。だとすれば、そこを把握した上で個別にフォローできるAIを使って、個人ごとに学べば、学習速度を加速できるんじゃないか、という話です。
1学年分の学習が32時間で終わるとすると、結構すごいですよね。数学の授業が一体、中高の時に何分あったのかはわかりませんが、記事上だと7倍の学習スピードって書いてありますから、200時間くらい使ってたってことになりますね。確かに授業と宿題を全部合わせたらそれくらいやってたかもしれません。
 
77ab7b84-f4b7-4e6d-ac54-21faec152356
(出典:ホウドウキョク https://www.houdoukyoku.jp/posts/9628)
じゃあ、全部AI任せでいいのか、というともちろんそうではないわけで。神野氏は「なぜ勉強をするのかなど子どもたちの悩みをケアすることは、いまのテクノロジーはできません。」と語っており、記事中でも「ティーチングはAI、心のケアは先生」というふうにキャッチが入ってます。
確かに、「意味形成」は、先日のポスト(データとサイエンスの話)で書いた「仮説形成」と並んで、AIが進化しても当面は人間に残される重要な役割になりそうです。意味は、感情や記憶と複雑に関連していて、対話や内省などを通じて作り上げられることが多いものなので、(今のAIのやれることを考えると)人間が関わった方がうまくいくことが多そうです。
ところで少し脱線しますが、HRテックの文脈で、組織のマネジメントについて「人間のマネジャーの判断はバイアスや思い込みに左右されて精度が悪いので、AIの判断を活用すべきだ」と言う議論がありますよね。確かにそうだな、と思う部分もある一方で、「仕事の価値」や「仕事の意味」を作り出す、という面でのマネジメントの仕事はなくなるどころか、ますます重要になるのは間違いないと思います。もちろんそういうことをやってないマネジャーが世の中に結構いる、というのは否定しませんが・・・(完全に余談ですが、上記のようなことを言う人は、きちんと意味や価値を語りあえる管理職に会ったことがない残念な社会人人生を送ってきたのでは?と邪推してしまったりします。ま、いらないお世話ですね)
さて本題に戻ります。この、心のケアは先生が、というくだりを読んでて、昔新卒で某アクセンチュア社(いや、当時はアンダーセンコンサルティングでしたね)を受けた時のことを思い出しました。グループディスカッションで、
ITが進化して個人がバーチャルで学べるようになった時に学校は必要か
みたいなお題が出たのです。1997年、20年近く前の話ですから、今考えてもいいお題です。
当時の僕は、「知育・徳育・体育」というフレームワークを提案して、「知育はITで結構できるけど、徳育は集団で過ごすこと、体育は実際に体を動かすことが必要だから、学校はそれでも必要なんじゃないか」みたいな意見を言った記憶があります。自分でも「これはいいアイデアだ」と思った記憶があるので、さぞかし感じ悪いドヤ顔をしてたことでしょう。
ただ、今考えてみると結構浅いです。
もちろん徳育と体育は重要です。特に上記のような「意味」を見出すための対話は、とても重要でしょう。が、「知育」の観点でそれと並んで大事なのは、学んだ知識を使って身の回りで起きている現象を理解したり、問題を解決をする方法を学ぶこと、つまり知識の活用方法を学ぶことではなかろうかと思います。結局のところ、生きていく上で重要なのは、学校で成績がいいことではなくて、そこで得た知識を使って、世界や社会を理解し、問題を解決していくことなので。そして、こういう応用とか解釈と言った部分は、複数の観点をぶつけ合うことが役に立つこともあるので(もちろん個人で考え抜くことも大事ですが)、学校のような、集団で学ぶ場の肝はこっちにあるのではないかと思うわけです。
この点はLSEの授業でも感じている問題点でして。正直言って、大学のレクチャーで知識を教える部分の価値は非常に低いです。というのも、結局のところ、リーディングの課題に指定されている論文を読んで、先生のスライドを後からみれば追いつけるからです。そういう意味で、生徒がパソコンでfacebookとかを見て授業をあんまり真面目に聞いていないのは全く責められません。むしろ、そういう受け身の授業携帯よりもはるかに価値が高いのは、
  • 結局この論文で行っていることを現実にあてはめるとどういうことなのか
  • この論文とこの論文のアイデアを組み合わせると何が言えるのか
  • ビジネスの現場でおきるXXX という現象を理解するにはどの理論が使えるか
  • この理論の前提にしていることは何で、どういう状況ではこの理論は通用するけど、
    どういう状況では通用しないのか

みたいな議論を同級生とガチでやることです。なので、できれば知識を学ぶ部分は個人が事前にやって、僕たちが生徒とかかわる時間は、議論を通じた「知識の活用」を演出することに時間を使うべきだと思ってます。そういう意味で、ケース学習やエッセー、グループワークみたいな、アウトプットをさせる課題の設計こそが、ティーチングデザインの本丸です。言い換えると、クラッシックな大部屋でのレクチャーという形態は、もはや終了しつつあるパラダイム、と言えるかもしれません。

ただ悩ましいのは、学生自体が大部屋での授業で教わるのに慣れてる(しかも、それで優秀だった学生がLSEに来る)ので、こういうスタイルに適応してもらうには、学生の期待値を調整して、訓練することが必要だ、ということでしょうか。実際、上記のような議論中心のスタイルが、マスターの生徒から散々な評価を受けていた(一部のビジネス経験の長い生徒からは好評だったのですが)という事例を目の当たりにしたこともありますし。

が、これは過渡期ゆえの問題であり、変化に取り組むか取り組まないか、でいうと後者のオプションはないでしょう。もうそうやって取り組んでる教員もたくさんいますしね。

HRテックがダイバーシティ促進にもたらす可能性

今週、Vodafoneのイギリス本社が「出産をきっかけにキャリアを中断した女性を積極的に採用する」というニュースがイギリスでは話題になりました。下のFTの記事によれば、世界中で1000人の女性を管理職、一般従業員で採用する計画、とのことです。

Vodafone to recruit women on career breaks (BBC)
Vodafone launches programme to recruit career-break women (Financial Times)

この施策自体、男女格差を解消する試みとして興味深いですが、私が気になったのは、BBCの記事の中にある、「The company will also give hiring managers “unconscious bias training”(同社は、採用マネジャーに対して、「無意識のバイアスに関するトレーニング」も実施する)」という下りです。ここからは、最近はやりのHRテック(HRアナリティクスとか、人事におけるデータサイエンスとか、いろんな呼び方がありますが)が、職場におけるダイバーシティを高めることに貢献する可能性が見て取れる、と考えます。

ダイバーシティとHRテックがどうつながるのか。まずは、ダイバーシティ、特に女性活躍の文脈から整理してみましょう。

男女格差は世界的に見られる現象

日本でも、安倍政権の熱心な旗振りも影響してか、女性の活躍促進の取り組みがここ数年は話題になり続けてますね。日本では「世界と比べて日本はダメだ」という文脈で男女格差の問題が語られることが多いです。

男女平等ランキング、日本は過去最低111位  (日経新聞)

が、しかし、上記のVodafoneの取り組みからは、この現象が世界的に生じているものだ、ということがよくわかります。イギリスでも、男女の給与格差やキャリア機会の差は、ニュースで非常によく話題になります。上記の日経の記事のベースになっている世界経済フォーラムのgender gap指数に関するプレスリリースでも、この問題を明確に世界的な課題として取り扱ってます。

2095年職場が男女均等になると予想される年 (WEF News Release)

私自身は男女の格差について、経済的な観点から勿体無い、と思うのと同時に、倫理道徳的な観点からも不公平だと思っています。男女に限らず、LGBTや人種など属性をベースにした差別(構造的なものも含めて)は総じて、解消されていくべきだと思っています。

ですが一方で、この現象は日本だけに見られることではなく、世界中に普遍的に見られる現象なので、この現象について「世界と比べて日本はダメだ」という論調で議論することには批判的です。日本独自の問題に目を向けることが重要なのと同じくらい、世界的に普遍的に存在する男女格差の要因に目を向けることも重要だと思うからです。

さて、日本だけで起きているのではないとすれば、どのような普遍的要因がこの問題の背景にあるのか、が気になるところです。ここで、問題になるのが洋の東西を問わず存在する、性別に関する無意識のバイアス(偏見)です。

 

無意識のバイアスが男女格差に与える影響

心理学の研究からは、多くの社会に共通して「男らしさ」「女らしさ」に関するステレオタイプ(固定観念)があることがわかっています。男らしさは、「支配・コントロールへの関心」「積極的」「強い」「決断力がある」といった要素と関連付けられる傾向があり、女らしさは、「他者の幸せへの関心」「親切」「温かい」「思いやりがある」といった要素と関連付けられる傾向があります。

一方、経営学におけるリーダーシップの研究からは、私たちが、「リーダー」に対する「無意識の期待」を持っていることがわかっています。

ここで考えて欲しいのですが、みなさんは、良いリーダーと言われて何を想像するでしょうか

ひょっとして、「カリスマ」「決断力」「知性」「公正さ」「高い成果を追求する」などを思い浮かべたのではないでしょうか? 実はこれらは、経営学におけるリーダーシップ研究において、人々が「良いリーダー」として思い浮かべる共通要素として浮かび上がってきたものです。 興味深いことに、これらは文化や職種を超えてある程度の共通性があることが知られています(もちろん、文化による違いもかなり存在するのですが)。言い換えれば、世界中の人が、「良いリーダー」と言われると、ある程度、同じようなことを頭に思い浮かべる傾向がある、ということです。

ここから浮かび上がるのは、「リーダーへの無意識の期待」は、「男らしさ」とある程度の共通性がある一方で、「女らしさ」とは必ずしもうまく一致しない、ということです。例えば、「決断力」は男性のステレオタイプの一要素ですが、同時に、リーダーに一般的に期待される特徴にも含まれます。そして、他のいわゆる「男らしさ」と関連付けられる要素も、一般的なリーダーへの期待と一貫性がかなり高いのです。一方で、「親切さ」や「思いやり」を「リーダーらしさ」と関連づける人はあまりいません。

実は、このギャップが、女性が管理職やプロフェッショナルとして活躍する上で障害になっているのではないか、と考えられています(リーダーシップは管理職に限らず、プロフェッショナルとして影響力を発揮する上でも重要なため、影響力を持つ役割を担う、という点では、このギャップは普遍的に効いてくる、と考えられます)。女性がリーダーとして「強さ」や「決断力」を発揮しようとすると、「女らしくない」という風に周りの目には写ってしまう傾向があります。また、逆に、女性が「女らしさ」のステレオタイプに合致するような他者への配慮や、思いやりを見せると、「リーダーとしては強さに欠ける」と見られてしまったりします(ちなみに、この傾向は男女かかわらず存在するようです)。

また、男性が上のポジションに上がりたい、と上司に主張すると、「意欲的だ」「やる気がある」と見られる傾向があるのに対して、女性は「でしゃばり」「生意気」というふうに評価されてしまう傾向が高い、という調査結果もあったりします(Women in the Workplace 2016, LEAN IN財団 及び McKinsey & Companyによる調査) 。

私がコンサルティングをしていても、「男性部下についてはちょっとイマイチな成績の部下でも『こいつももうそろそろ上げてやらないと・・・』と昇進推薦が上がってくるのに、女性だとずば抜けた成績じゃない限り『彼女はまだちょっと・・・』となりがち」といった声を、企業を問わず耳にしました。しかし、そういうことを言う管理職に個別に話を聞くと「女性活躍は大事だ」と口を揃えて言うのです。もちろん、腹の底でどう思っているかはわかりません(笑)が、仮に本気でそう思っていたとしても、無意識のバイアスが日々の意思決定に影響を与えてしまう、というのが一連の研究から分かっていることです。

 

バイアスが意思決定に与える影響を排除する

さて、このようなバイアスが意思決定に与える影響を排除するための有効な手段としては、「ブラインド・リクルーティング」が知られています。70年代以降、クラッシック音楽のオーケストラのオーディションで使われるようになって、有名になった手法です。具体的には何をしたかというと、オーディションの際にカーテンをかけて、演奏している本人が評価側から見えないようにするのです。これだけで、女性が最終選考に残る確率が50%以上高まり、結果としてオーケストラに占める女性比率が大幅に上昇したことが知られています。

How blind auditions help orchestras to eliminate gender bias

上記のVodafoneによる「無意識のバイアスに関するトレーニング」も、こうした問題意識に根ざしたものでしょう。採用に関わる現場の管理職や、人事の管理職が、女性に対して自分が潜在的に偏見を持っているかもしれない、というふうに自覚しているだけで、多少なりともバイアスを取り除ける可能性があるからです。

ここからが本稿の冒頭の話に戻るのですが、昨今話題になっているHRテックは、この点で、女性活躍促進(や、より広い意味でのダイバーシティの促進)に貢献する可能性が高いのではないか、と思っています。

リクルートキャリアと日本マイクロソフトが HRテック新ソリューションの開発に向けて連携

この記事にあるように、客観的なevidenceをベースに人事上の意思決定の参考になる情報を提供することができれば、無意識のバイアスの影響をどうしても受けてしまう人間の意思決定に対して、多少なりともバランスをとることができるのではないか、ということです。

実際、私がクリエイティビティに関する共同研究を行っている、ある大手メーカーでは、人事が個人の性格特性をはじめとした様々な情報と、研究開発における個人、チームレベルでのパフォーマンスの関連性を分析して、データをもとに人材の最適配置をR&D部門のマネジャーたちと議論する、といったエビデンスに基づくマネジメントに取り組んでおられます。これによって「あいつはこうだから」といった、管理職の直感や印象を超えた組織運営を目指しているのです。同社では、いわゆるHRテックという文脈で云々されるような機械学習やデータサイエンスといった格好いい言葉は使っていませんが、実際に目指しているのはエビデンスに基づく人事に他なりません。

私は、あくまでもデータの分析は人間の意思決定のサポートでしかない、と考えています。機械学習の進化のスピードを侮る気はありませんが、組織運営という分野で、完全に人間を代替してしまうようなことが起きるのは当分先だろうと思います。なぜならば、組織を動かすうえでは、人間の「納得」とか「共感」といった要素を除いて考えることができないからです。このことは、先日のエントリーでも書きました。

データとサイエンスの話(2017/2/24の投稿)

一方で、意思決定に積極的にテクノロジーとそれがもたらすデータ分析能力を生かしていく、ということは、どんどん進めば良いと思っています。そして、それによって多様な人材が、バイアスと関係なく評価され、活躍の場が提供されることは、組織パフォーマンスを高めることにつながるし、社会正義の実現にもつながると思っています。もしかすると、データによって、男女のバイアスに影響を強く受けている管理職と、そうでない管理職が診断されてしまう、そんな未来は以外と近いかもしれません。

※ 本稿は、某IT系企業の社内広報サイト用に寄稿した内容を、アレンジ、再編集して書きました。