本社機能の国際移転と、国際経営における「距離」

私が客員研究員を務めさせていただいているリクルートマネジメントソリューションズの組織行動研究所のウェブサイトで、3ヶ月に一度のペースで連載をさせていただいている。アカデミックな知識をビジネスパーソンに発信する活動の一環として、毎回テーマを決めて国際経営の研究成果をもとに執筆している。

今回の記事は、国際経営における「距離」について書いてみた。

「遠くの親類より近くの他人」は正しいか?~国際経営における距離

距離、というと物理的に近いか近いかを想像するが、それだけではなくて文化の違いや制度の違い、経済発展の度合い、さらに言えば言葉が同じかどうかなど、様々な次元で「距離」を考えることができる。変わったところでは旧宗主国ー植民地関係というのも、距離を縮める要因になる(詳しくは記事をご覧いただきたい)。総じて、距離が離れているほどビジネスは難しくなる、というのがこれまでの通説だ。

この「距離」という概念は、昨今、時折日本企業でも聞かれる、本社機能の海外移転にも関わってくるように思われる。

例えば日立の鉄道事業の本社機能の一部はイギリスにある。

この意義について、日立レールヨーロッパ社の光富氏は、イギリスに来たことで、イギリスの旧植民地に張り巡らされた人脈ネットワークで情報の質や量が変わった、と述べている。そして、そのことが、海外の鉄道市場を攻略するにあたっての優位だと見なしている。

これを「距離」という観点でとらえなおすと、意思決定の拠点を日本からイギリスに移すことで、様々な国からの「距離」が短くなった、と捉えることができる。

もちろん、本社機能の移転に関しては税制や産業集積など様々な要素が絡む、より複雑な意思決定ではあるのだが、光富氏のお話からは、「距離」も無視できない要素だ、ということがうかがえる。

我々日本人はついつい日本がハブである、という前提でビジネスを考えがちだが、グローバルなビジネスの中でどこに意思決定をする拠点をおくと「距離」という観点で有利なのか、というのを考えてみるのも重要かもしれない。

ブログ始めました。

以前にワインに関するブログをやっていたり(現在は閉めました)、LSEでの修士コースへの応募〜卒業までの経験について書いていたりましたが(今もアーカイブ的においてあります)、改めてブログを始めることにしました。

目的は大きく二つで、日々考えたことをきちんと後で振り返れる形で残していきたい、ということと、独立した研究者として自分の研究や関連して考えたことを発信していくメディアを持つためです。

私は研究者としては駆け出しですが、アカデミックに学会や学会誌で論文を発表していくだけでなく、ビジネスパーソンに対してアカデミックな知見をきちんと発信していくことも行っていきたいと思っています。

ビジネスパーソンの日々の疑問に答えられる研究は世の中にたくさんあって、個人的にお会いした人に「こんなことがわかってるんですよ」とお話しすると結構驚かれることが多いのですが、残念ながら、そうした知識が広くビジネスパーソンの皆さんに共有されてるわけではないと思ってます。

自分で新しい、面白い研究をやっていくのがまずは本業ですが、同時に、そのギャップをつなぐことにも貢献していく、というのが私の研究者としての野望です。