中国と日本では「全てを語らない」コミュニケーションは共通だが、だからと言って、中国人と日本人の間でそれが通じるわけではない。

 

以前の書き込みで、日本企業における「全てを語らない」コミュニケーションの、海外展開における問題。という話を書きました。簡単に言うと、日本企業では、考えていることの「全てを語らない」コミュニケーションが一般的で、こういうコミュニケーションは、同じ組織で長い経験を積んだ、「当たり前」を共有した人たちが集まっている日本の職場では機能するものの、そうした共通の土台がない海外拠点の従業員には、それはほぼ通用しない、と言うお話でした。

その原稿でも軽く触れましたが、こうした「みなまで語らない」コミュニケーションは、日本人だけの特徴ではありません。私が現在、働いている中国にも似たようなところがあるようです。

実際、比較文化研究で、従来から東アジアの国々(日本や中国、韓国など)の特徴として、「全部を語らない」コミュニケーションスタイルはよく知られているのですが、改めて中国の大学に着任してみて、「本当にそうなんだ」と感じているところです。先週、中国に着任してから、勤務先の組織管理学部の教授たちと親睦を深めるために何回か個別にランチをとるなかで、「中国の組織の特徴」として異口同音に語られたのが、このポイントだったのです。

例えば、僕が所属する組織経営学部の学部長である周教授いわく、

「得てして中国人の間のコミュニケーションは、相手に配慮して、はっきり言わないのが良しとされがち。お互いに意図を探り合ってばかり、というのがよくある。」

ということです。この話は、

「だけど、うちの学部では、そんなことをしてたら研究の発展はないと思っている。なので、お互いに厳しい意見も含めて率直に言い合うことを重視してる。君も言いたいことがあったらストレートに言って欲しい」

という風に続くのですが、わざわざそれを口に出して説明する、ということは、普通にしていると「いいたいことがあってもはっきり言わない」コミュニケーションになりがちだ、ということでしょう。

この教授は50代の中盤ですが、もっと若手の中堅研究者たちに聞いても「はっきり言葉に出して要望されなくても、相手の言外の意図を察して行動しないといけない場面は、中国の組織ではよくある」という話が出てきましたので、年配者だけの傾向とは言えないようです。

そういえば、LSEで教えていた時も、中国人の学生はどちらかというとアメリカ、ヨーロッパの学生が授業の中でガンガン、ストレートに話す傾向があるのとは対照的に、遠慮がちで周りの雰囲気を見ながら発言をする傾向がありました。

 

ここからは、「中国人は、全部を語らないコミュニケーションへの適応力が高いのでは?」という仮説が成り立ちます。だとすれば、中国に赴任した日本人上司が「全部を語らない」日本流のマネジメントをしても、中国の現地従業員はそれをうまく理解して、対応してくれるのでは?ということです。

残念ながら、筆者が知る限り、全くそんなことはありません。むしろ、日本人が「全てを語らない」コミュニケーションをすることに対して、中国人部下はフラストレーションや不安を感じていて、そのことがマネジメント不全になっている、と言うケースは、そこかしこで耳にします。

日系企業の中国現地法人でインタビューをしてみると、

「日本人上司は、自分の考えていることを、全然はっきり口にしない。
そういう上司は信頼できない」

「何を期待されているのか、何をやれば評価されるのかが分からないので不安になる」

といったコメントが頻出するのです。逆に、日本人赴任者からも、

「日本と違って、あらゆることを言葉にして説明しないと、現地従業員に自分の意図が伝わらない。また、現地の従業員は、何でもかんでも言語化、数値化して、はっきり示して欲しい、と求めてくる。」

「日本のスタイルを変えられない赴任者は、たいてい成果が出ない。部下が付いてこないし、下手をすると辞めてしまう」

といったお話をよく伺います。

ここからは、中国人の間では「全てを語らない」コミュニケーションに慣れている人たちであっても、「日本人ー中国人」の間のコミュニケーションでは、その能力を発揮できない、ということがわかります。

前回の議論の通り、日本の組織での経験がない中国の現地従業員に、日本で共有されている「当たり前」を前提にした「全てを語らない」コミュニケーションは通じないのです。さらに言えば、育った社会環境や日々の生活の中で接してきた情報も異なっているわけで、様々な面で「日本人同士の間であれば言わなくても通じる」はずの共通認識が、「日本人と海外拠点の現地従業員」の間には成立しにくいのです。

逆に言えば、「全てを語らない」コミュニケーションが通用するのは、同じ社会、同じ組織、で過ごしたことが共通体験として存在し、「全てを語らない」でも「言外の意図」の推測が可能な特殊な環境だけだ、と考えるべきなのでしょう。

 

広告

Baidu学术が、研究者の必須ツールであるGoogle Scholarの単なるパクリを超えていて、結構使える件について

今回は中国のウェブ検索大手(荒っぽくいうと中国のGoogleみたいな会社)であるバイドゥの提供している、研究者向けの論文検索サービス「Baidu学术」について。大学等の研究者、あるいは、大学にいないけど学術論文を読む機会のある方にはかなり耳寄りな情報のはずですが、自分は違うなーという方にはどうでもいいと思います。予めご了承ください。

さて、みなさんご承知の通り、中国では中国外で使える様々なウェブツールが使えません。その代表格がGoogleの一連のサービスです。VPNを使えばいいわけですが、だとしても中国では総じて海外へのネットワークが遅いので、ちんたらしていてイライラします。

タイトルにあるGoogle scholarは、研究者の皆さんにはおなじみの、ほぼ必須ツールと言っていいと思われるサービスです。何をしてくれるかというと、以下のような機能があります(他にもいろいろありますがここでは割愛)。

  • 世界中で発表された学術論文を検索できる。
    単純にウェブで検索すると、有象無象の多種多様なウェブサイトが引っかかってしまいますが、Google scholarで検索すると、学術論文だけをピックアップして表示してくれます。
  • 論文に関する基本情報を検索結果に表示してくれる
    検索で引っかかった論文の著者が誰で、どの学術誌に載っているか、どれくらい他の論文から引用されているか、など、研究者が論文をチェックする上で参照したい情報をちゃんと検索画面に出してくれる
  • 引用情報をダウンロードできる
    学術論文のお作法として、「他の研究者がすでに論文などで述べていることを引用・参照して書く場合は引用元を明記する」「論文の最後に、引用論文の詳細を書く」というのがあります。大抵、100近い論文を引用するので、これが大変な手間。なので、引用情報(タイトル、著者、掲載学術誌名、などなど)をEndnoteやMendeleyなどの文献情報管理ソフトで管理するのですが、Google Scholarからは、これらのソフトに論文の引用情報を読み込めるファイルをダウンロードできます。これにより、いちいち手入力しなくてよくなるので、非常に助かるのです

ただし、弱みもあるので(ここでは割愛しますが)、他の検索ツール(web of knowledgeとか)と並行して使ってます。

で、問題は、これも中国からは使えないということです。流石に職場の大学のネットワークからだと使えるのですが、一般の家庭用のネット接続を使っている自宅からだと使えません。もちろん、VPNを使って接続してもいいのですが、まあ、それも手間ですし、遅いという問題は解決しません。

と、いうことで、Google scholarに頼って自宅で研究をするのはあまり現実的ではありません。なので、おそらくBaiduさんが同じようなサービスを提供しているだろう、という仮説の元、Baiduのサイトをチェックしてみました。そしたらやはりありました。その名も、

Baidu学术(=学術)

なるサービスです。で、驚くべきことに(いや、想定通り、というべきかもですが)Google Scholarの見事なパクリでありまして、検索画面は完全にそっくり。

まず、こちらがGoogle Scholar。Google scholar

で、こっちがBiadu学术で同じ研究書を検索した画面。はい、色がちょっと違うのと、出てくる順番が微妙に違いますが、ほぼ同じです。そして、当たり前のように自宅でも使えます(いや、これが嬉しいのは中国に住んでる人だけか・・・)し、反応もGoogle scholarよりもかなりに早いです(あ、これも世界のネットにサクサクつながるネット環境の人には関係ないですね・・・)。

Baidu scholar

ですが、大事なのはここからでして、BaiduにはGoogleにない(研究者にだけしか価値がわからないであろう)ミラクルな機能があるのです。それが各論文の右下に表示されているBaidu scholar 2というボタンと、スクリーンの右下にあるブルーの○です。

これらが何をしてくれるかというと、引用情報が欲しい論文についてBaidu scholar 2のボタンを押すと、その情報を裏でストックしてくれる(アマゾンのショッピングカートみたいな感じ)のです。そして何本も連続で検索→Baidu scholar 2ボタンをクリック、ということを続けていくと、その数だけ、右下のブルーの○に数字が表示されてきます(上の写真だと、3ですね)。その上で、この○をクリックすると・・・

Baidu scholar 3

このとおり、ストックした論文の情報が一覧で表示され、なおかつ、これが実に素晴らしいのですが、「导出至」というボタンをクリックすると、これらの論文の引用情報が一括ダウンロードでき、Endnoteに一括で情報を読み込めるのです。うーん便利。引用情報をダウンロード→そのファイルをクリック→Endnoteで内容確認、というステップを論文一本ごとにやってたことから考えると格段の生産性向上であります。

ちなみに、研究者の方からは(他の論文検索サービスである)Web of Knowledgeにも似たような機能があるじゃん、というツッコミが帰ってきそうですが、Baiduのほうが格段にスピードが早いのと、操作性がいい感じがします(ただまあ、Baiduでは学術誌を指定して検索するとか、その辺の機能が足りないので、Web of Knowledgeと併用になりますが)。

 

まあ、中国のウェブ環境についてはいろいろ毀誉褒貶がありますが、このウェブサービスはかなり便利なので、共有させていただきました。なお、検索結果の品質や、表示される論文の差異(例えば、Google scholarだと表示される論文がBaidu学术だと表示されないとか、その逆とか)については検証してないので、ご容赦ください。